*

頭痛や肩こりさえも引き起こす眼精疲労は早めに対策を講じたい

   

眼精疲労は早めに対策を打ちたいものです。

現代人の多くがデジタル機器を日頃から愛用しています。

デジタル機器は非常に便利なアイテムであり、無料で遠方の人々とコミュニケーションを交わしたり、楽しいコンテンツをゼロ円で満喫出来る等、既存の製品にはないメリットが光ります。

ただ、一方で便利過ぎるアイテムなので、ついつい多くの方々が長時間、スマートフォンやタブレット、そしてパソコンや携帯型ゲーム機を使い続けてしまい、眼精疲労を強く抱えるようになりました。

軽い眼精疲労であれば一晩ぐっすりと体を休めれば治ります。

ただ、毎日数時間にわたりデジタル機器の画面を見つめている現代人の多くが、軽度ではなく重度の眼精疲労を無意識的に抱えています

早めに対策を講じなければ、眼病や視力低下、そして肩こりや頭痛の慢性化など、怖い結果に繋がります。

眼精疲労に有効なサプリメントがあります

焦る必要はありませんが、仕事やプライベートで長時間、デジタル機器を使う事が多い方は予防法として、サプリメントの摂取を始めましょう。

ブルーベリーやビタミンC、そしてDHAやEPAやビタミンE、こういったサプリメントを日頃から摂取しておけば、疲労感が漂う心身を上手く労れます。

いわゆる原因不明の頭痛に悩む女性がいますが、もしかするとその根本的な原因は眼精疲労の蓄積にあるかもしれません

頭痛薬をいくら飲んでも眼精疲労が根幹の原因であれば意味がありませんので、肩こりと頭痛が同時期に激しく現れた時は目の方に原因があると疑ってみるべきです。

http://www.mdhd-upm.com/が参考になりました。

 - ブログ